2013年08月31日

自動車保険の通販型はダメなのか?

自動車保険の通販型 は、
今までの代理店型に比べて本当にダメなのか?

自動車保険にはじめて加入する機会といえば、最初に車を購入したときにディーラーなどの保険代理店から一緒に自動車保険を勧められて加入するといったケースも多かったと思います。


自動車保険はどこで加入してもまったく同じという時代がありました。その保険料率を決めていたのは旧・自動車保険料率算定協会(現・損害保険料率算出機構)が料率を決定し、その保険料率をどの損保も一律に適用していた時代でしたので、どの損保の自動車保険に加入しても全く同じ保険料と同じ補償内容でした。


1998年に自動車保険が完全に自由化されてから、各損保はそれぞれが独自の保険料率で販売できるようになり、さらに独自に組み立てた保険商品の開発も進み、同時にセットで加入する特約なども数多く開発され各社の競争が始まりました。


インターネットが普及して、ネット上で自動車保険に加入できる仕組みができてからは、自動車保険の競争がさらに激化してきています。


通販型自動車保険に加入する側にとってのメリットとデメリットを挙げてみました。


≪メリット≫

・競争の原理で同じ内容の保険でも保険料が安い会社を選べる

・最小限必要な保険商品だけに絞ることで、不要な特約などを省いたり好みに応じて保険商品を組み立てたり、ある程度自由にできる。

・代理店を通す必要がないため、ちょっと不満があったり気に入らなければ次の年から気兼ねなく別の自動車保険に乗り換えることができる。


≪デメリット≫

・自動車保険を選択する立場として、自分に合った保険商品や特約は何か?といった保険商品の補償内容など、ある程度の知識が必要。

・加入手続きの際は自動車検査証や今まで加入していた自動車保険の証券などを用意し、すべて自分が行わなければならず、少し面倒。


こうして見た時、通販型自動車保険のデメリットも全くのゼロではないが、インターネットですべて事が済ませるダイレクト型から受けるメリットの方か断然多いことが理解できます。


これからも損害保険会社は各社とも、顧客争奪戦を繰り返していくことでしょうし、ユーザーにとってはますますメリットも大きくなっていくと期待できそうです。
posted by hokenminaosi at 16:33 | Comment(0) | 自動車保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年08月30日

チューリッヒ自動車保険 評判は

テレビでおなじみのチューリッヒ自動車保険

電話対応の女性オペレーターがさわやかさを演出しつつ、車両保険をつけても
こんなにも安くなるんですよ〜って、特定の車に対する保険料を提示して
万一事故が起きた時の安心感と保険料の安さをアピールしているのが印象的ですよね。


ですが、そう、コマーシャルを作成するのは、その道のプロが作成しますので
人の心理をつかむテクニックを駆使し最高の状態を作り出している訳です。
パンフレットなどだけでは伝わらない映像を利用することでの心理作戦ももちろん有り。


実際のところはどうなのかと、いろいろ調べてみました。


◆契約者からの電話対応サービスのランキング(格付け)も決して悪くなく
 実際に最高評価の三つ星を獲得しています。

・さらにウェブサイトの格付けも同じように最高の三つ星を獲得。

◆割引サービス

・インターネットで申し込みをすると保険料が12,000円が割り引かれる

・ゴールド免許割引

・年間走行距離が3,000Km未満ならさらなる割引

◆ロードサービスの充実

・パンク、エンジントラブル、バッテリー上がり、パンク時のタイヤ交換

 キー閉じ込め時の無料開錠、スペアキーも無料でその場で作成、ガス欠時の

 ガソリン10リットル無料サービスなど

・車の故障で帰宅できない場合、宿泊費用を搭乗者全員に料金無制限でサービス

・また帰宅費用も無制限で負担

・車の修理を行った後の搬送費用をチューリッヒ自動車保険が全額負担

・ちょっと異例なのが、車が故障していけなくなった先でのキャンセル費用を
 1回につき50,000円まで負担してくれる

・車が故障した時のレンタカーは24時間まで無料サービス


上記のようにロードサービスはサービス過剰とも思えるほどの内容です。

チューリッヒ自動車保険だけでなく、基本的な対人・対物・人身傷害などの
保険の補償内容は、どの自動車保険会社も横並びでほとんど変わりはないです。
肝心なのは、保険本体に付加する特約の質がどの程度のものか?

実際に故障車を牽引した状態で100Km以上移動するといった事はあまり考えにくいですが、
これも万が一のことを考えれば、距離制限なしのところがいいのかも
他の損保、例えばSBI損保だと、これは無制限でかつもちろん無料です。


何を基準に比較し、そして自動車保険の何をもっとも重要視するのか?
例としてチューリッヒ自動車保険をあげましたが、どこの保険会社にするのかなど

車の使用用途・目的・使用している場所などによって、
自動車保険に求めるサービスや質は様々です。


◆必ず押さえるべき補償内容

以下の4点の補償は最高のものにしておいてください。
なぜなら、万が一の事故で相手への賠償に不足が生じないためと
自動車事故につきものの、無保険自動車に対する自分への補償

・人身賠償 ⇒ 無制限

・対物賠償 ⇒ 無制限

・人身傷害補償保険 ⇒ できれば無制限

・弁護士費用特約 ⇒ 300万円と決まっている


その他の補償や特約については必要に応じて付加されると良いです。
そして、個人個人によって必要となる特約も違ってきますので、
より多くの損保を比較して見積もりも実際に取りながら
もっとも適した自動車保険に加入しましょう。

無料で比較見積もりできる公式サイトはこちら


posted by hokenminaosi at 15:08 | Comment(0) | 自動車保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年08月29日

自動車保険 キャンペーン

年に一度の自動車保険の更新、一度加入している会社から定期的に
更新の案内がくる事がほとんどだと思います。

ですので、更新を忘れてしまい、自動車保険の満期日に気がつかないで
期限切れとなってしまう、といった事などはないかと思います。

あなたはそのまま契約中の自動車保険をそのまま更新されますか?
おそらく、そういった方も多いのではないでしょうか。

ここで少し考えてみてほしいのですが、損害保険会社って数十社あるんです。
従来からの代理店型と、それに加えここ近年とても大きく伸ばしてきている
ダイレクト損保と言われる、インターネット専用の損害保険会社。

このダイレクト損保の伸び方は尋常ではないのです。
従来の代理店型の損保もダイレクト損保に押されて、売り上げダウンの会社が
軒並み増えていってる中、生き残りを模索してのダイレクト損保への進出。

つまり、従来の代理店型を残しつつダイレクト損保を別会社として設立。
こういった保険会社も、既にいくつか出てきています。

大きなところでは、東京海上日動火災だと、ダイレクト型のイーデザイン損保を設立。
他のダイレクト損保に引けを取らない保険料率に設定しているのはもちろん。
もともと定評のある、充実した事故時の交渉サービスも残していると言われています。

しかも自動車保険キャンペーンとして新規のユーザーを獲得するキャンペーンが
多くの損害保険会社で頻繁に行われています。

代理店型に比べ、代理店に対しての手数料を支払う必要がないため保険料を抑える事が可能。
これから、とうようりも既に主流はダイレクト損保なんです。

ですが、正直保険会社が多すぎて、普段損害保険にあまり慣れない人だと
どこの保険会社が良いのか迷ってしまいがちです。

何が必要で何が必要以外なのか、補償額や特約はどうすれば良いのか?
そんな悩みを比較的簡単に解決してくれるのが、
複数の損保を一括で比較できるところ。

ここをぜひ一括比較サイトをご利用になってみる事をお勧めします。
私自身も、一度だけでなく、毎年の更新時には必ず利用します。
なぜなら、保険会社と保険商品は生き物です。

会社自体も保険商品も常に改良や改訂を行っていまる。
一度ある保険会社に決めたらずっと同じ会社で大丈夫?

さらにご自身の車の使用用途、目的が変わったり、また車を乗り換えたりも
きっとあることでしょう。
ご自身のカーライフにフォーカスした保険会社と補償内容を意識していってくださいね。

【無料】最大21社で一括見比較積もり
一番安い保険会社もわかる公式サイト


posted by hokenminaosi at 10:27 | Comment(0) | 自動車保険 キャンペーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。