2013年08月24日

自動車保険等級割引率

自動車保険の等級割引率についてお話ししたいと思います。

当然のことですが、等級が高いほど、保険料率が安くなり、
毎年の保険料負担が軽くて済むわけですが、
2013年、今年から自動車保険料の等級を決定するノンフリート制度
大きく変わっていく周知期間に入っていることをご存知でしょうか?

大手の損害保険である東京海上日動火災をはじめとして
大手⇒中小の損害保険会社が順次、自動車保険等級割引率について
新しい制度へ移行措置を取りつつあります。

2012年4月に発表になった改正ですが、いきなり制度を変えてしまうと
問題が多いために、一定の周知期間を設けている会社がほとんどですし、
それぞれの会社によって実際に変更される年月は少しずつ違っているようです。

では、
あなたの現在の等級この先、どう変化していくのか
シュミレーションしてみる
ことも必要かもしれません。

まずは、現在加入している自動車保険の現在の等級を確認することから始め
新制度への移行措置が終了して、いよいよ新制度がスタートした時の
あなたの等級と、そして実際の保険料はどのようになるのか?

こういったことを現在加入している保険会社に確認するのも一つです。
さらに、別の保険会社を選択するという手段も考えられるでしょう。

具体的には、どんな制度なのかといいますと、

(1)無事故係数というものが導入される
(2)事故有り係数というものが導入される


簡単にいうと上記の2点です。

さらには、
今まで無事故を続けている年数は何年なのか?
或いは、事故をして保険金の請求を行った経験の有無


こういった条件の元で、新制度における保険料率が決まります。

実際に一度、機会を見て試算をしてみてくださいね。
posted by hokenminaosi at 10:56 | Comment(0) | 自動車保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。