2013年08月29日

自動車保険 キャンペーン

年に一度の自動車保険の更新、一度加入している会社から定期的に
更新の案内がくる事がほとんどだと思います。

ですので、更新を忘れてしまい、自動車保険の満期日に気がつかないで
期限切れとなってしまう、といった事などはないかと思います。

あなたはそのまま契約中の自動車保険をそのまま更新されますか?
おそらく、そういった方も多いのではないでしょうか。

ここで少し考えてみてほしいのですが、損害保険会社って数十社あるんです。
従来からの代理店型と、それに加えここ近年とても大きく伸ばしてきている
ダイレクト損保と言われる、インターネット専用の損害保険会社。

このダイレクト損保の伸び方は尋常ではないのです。
従来の代理店型の損保もダイレクト損保に押されて、売り上げダウンの会社が
軒並み増えていってる中、生き残りを模索してのダイレクト損保への進出。

つまり、従来の代理店型を残しつつダイレクト損保を別会社として設立。
こういった保険会社も、既にいくつか出てきています。

大きなところでは、東京海上日動火災だと、ダイレクト型のイーデザイン損保を設立。
他のダイレクト損保に引けを取らない保険料率に設定しているのはもちろん。
もともと定評のある、充実した事故時の交渉サービスも残していると言われています。

しかも自動車保険キャンペーンとして新規のユーザーを獲得するキャンペーンが
多くの損害保険会社で頻繁に行われています。

代理店型に比べ、代理店に対しての手数料を支払う必要がないため保険料を抑える事が可能。
これから、とうようりも既に主流はダイレクト損保なんです。

ですが、正直保険会社が多すぎて、普段損害保険にあまり慣れない人だと
どこの保険会社が良いのか迷ってしまいがちです。

何が必要で何が必要以外なのか、補償額や特約はどうすれば良いのか?
そんな悩みを比較的簡単に解決してくれるのが、
複数の損保を一括で比較できるところ。

ここをぜひ一括比較サイトをご利用になってみる事をお勧めします。
私自身も、一度だけでなく、毎年の更新時には必ず利用します。
なぜなら、保険会社と保険商品は生き物です。

会社自体も保険商品も常に改良や改訂を行っていまる。
一度ある保険会社に決めたらずっと同じ会社で大丈夫?

さらにご自身の車の使用用途、目的が変わったり、また車を乗り換えたりも
きっとあることでしょう。
ご自身のカーライフにフォーカスした保険会社と補償内容を意識していってくださいね。

【無料】最大21社で一括見比較積もり
一番安い保険会社もわかる公式サイト


posted by hokenminaosi at 10:27 | Comment(0) | 自動車保険 キャンペーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。