2013年09月30日

パーフェクトな自動車保険

どうやってパーフェクトな自動車保険をみつけるか?


日本の自動車保険は1996年に保険の自由化が行われるまでは、どこの損害保険会社で加入しても同じ保険料なら補償内容も同じという横並びの保険だったのが、自由化以来、初めてアメリカンホームが通信販売方式をスタートさせたことが当時としては画期的なことでした。


それをキッカケにして、新しく損害保険会社として名乗りを上げたり、従来までは代理店方式一本だった損害保険会社も通信販売での損保を設立したりして数多くの損害保険会社が自動車保険を取り扱うようになりました。


そして今は、その自由化された結果として補償内容が同じでも会社によって保険料が変わってくるという現象が当然のように起きています。


さらには、対人保険や対物保険といった基本的な保険商品に加え、さまざまな事故のケースに対応できる形の保険商品や特約が開発されてきたことで、契約者であるユーザーが保険商品をある程度、自由に組み立てて設計することが可能になりました。


実際に自由度が高くなりユーザーによって希望する補償内容を充実させたりできるので、さまざまなユーザーのカーライフに幅広く対応できるようになってきた事も事実です。


そのことで、いかに自分にピッタリの保険を組み立てるかについても、自動車保険の知識がある程度あったほうが良いということにもつながってきます。


ですが、何がパーフェクトな自動車ほけんかとうことは人それぞれに違いがあり、車の使い方や用途、走行距離、年齢、性別、世帯があるのか独身か、といったさまざまな条件によって変わってきます。


ですので、複数の会社でご自分なりに比較し見積もりをとってみることを一度試してみられ、さらにフリーダイヤルなどで直接問い合わせてみることも必要だと思います。


要は、いかに自分にあった保険を見つけるのか!という点では、私の経験上からですと、ずっと同じ保険会社に加入しているのではなく、毎年、毎年、保険会社と保険商品の見直しをしながら、その時に応じた保険に切り替えていきながら自動車保険の知識を深めていくとうことではないかなぁと感じています。
posted by hokenminaosi at 09:19 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。