2013年10月23日

衝突防止装置が付いた車の保険料割引は?

ぶつからない車として、ドライバーの判断操作をアシストしてくれる装置が付いた車が増えてきました。


私もつい先日スバルのディーラーに行き新型のレガシーに試乗させてもらいました。いつかはレガシー(笑)と思っていましたので、ちょっとわくわくしながら営業マンが用意してくれた試乗車に乗ってきました。

ほんの数キロ程度の試乗でしたが、それまで持っていた期待を良い方に裏切られました。


やはり最近の車だなぁ〜と関心するほど乗り心地が良くて、スムーズな発進と安定した居住性に一度の試乗だけで惚れ込んでしまいました。ただ、400万円以上する高価な車なのでそうやすやすと購入する訳にもいかずに、取りあえず購入するための計画なども立てたいなぁ〜などとまるで子供のような気持ちでいます。


さて、お話しを本題に戻しますが、自動車保険のダイレクト損保としてのリーダーカンパニーとしての位置づけでもあるアメリカンホームがブレーキアシスト付きの車に対する自動車保険を改定して割引を行うように発表していたのですが、ここに来て急遽、取りやめざるを得なくなったことがわかりました。





自動車についている安全装置としては、ABSやエアーバッグなどは有名ですし、既にその装置が取りつけてあることで保険料が割り引かれることは多くの方がご存知だと思います。こんかいのブレーキアシスト(衝突防止装置)に関しても考え方は同じものであることから当然保険料の割引対象の事案となると考えられます。


今回、アメリカンホームの保険商品の改定が中止となったその理由はちょっとお粗末なもので、監督官庁である金融庁に対して認可を取っていなかったということ。外資系の企業ならではの失態とでも言いましょうか?それとも金融庁そのものが安全システムに対する自動車保険料の割引に対する対処が間に合わなかったのか?


まぁ、賛否両論はさて置き、車の技術の発展と共に、車の安全性能が向上していくことは望ましい事ではないかと思います。ただ、本来は人が判断して操作する車を機械的な技術にどれだけ安全性を任せられるかは今後のさらなる課題かもしれませんね。


posted by hokenminaosi at 18:26 | Comment(0) | 自動車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。