2013年10月30日

自動車保険なんて本当に必要なのか?

なんで今さら自動車保険なんだ!自賠責保険に強制的に加入させられているし、自動車保険なんてそれで十分じゃないのか?
車を維持するだけでもお金かかるのに二重に自動車保険に入る必要ないって思うんだけど・・・』


そんなふうに考えていらっしゃる人も実際にけっこういると思いますし、その方の気持ちも分からないではないです。


確かに自動車を購入する際にムリヤリに入らされる自賠責保険に反感を持っている人たちもいます。ですが、クルマを運転する以上は、交通事故はいつ何時、自分に降り掛かってくるか分からない自動車社会なのです。


人は誰しも事故を起こそうと思っている人はいません。ですが、まったく予測もしない事故が突然起きてしまう事はテレビなどで報道されているニュースをご覧になっても納得できるのではないでしょうか?


まだ記憶に新しい、京都で起きた、登校中の小学生の列にクルマが突っ込んで何人もの掛け替えのない幼い犠牲者が出たことを振り返ってどう思われるでしょうか?


『自分はあんな乱暴な運転はしないからそんな事故は絶対に起こす分けない!って』言われるかもしれません。


確かに京都でのあのニュースを見た人の多くはそう思ってしまうでしょう。確かに特殊な例だとも言えますが、事故を起こしたドライバーだって事故を起こしたくてやったはずではないです。


クルマを運転するということは、ハンドルをいったん持った瞬間から、安全運転をする責任と義務が発生している事を自覚して欲しいですし、自分も含めて同乗者の命と同じ道路を走っている人たちの命を預かっているのと同じ事を!


前置きが長くなりましたが、自動車保険に対する基礎的なことをまず理解して頂ければと思います。まず、強制保険である自賠責保険とは何か?を確認してみましょう。


自賠責保険の定義
自賠責保険(自動車損害賠償責任保険)は、公道を走るすべての自動車やバイク(二輪自動車)原動機付自転車に対して自動車損害賠償保障法(自賠法)で加入が義務づけられている保険で、人身事故(他人のケガ・障害・死亡)のみが補償範囲です。


強制保険ではあるものの、自賠責保険には補償される賠償額の限度額があらかじめ決められていて、被害相手のケガに対しては最高で120万円が限度額で、死亡の場合も3000万円が最高額となっています。


当然、自分や相手のクルマを破損した修理費用については一切補償がなされませんので、事故の過失割合に応じて自分と相手のクルマの損害費用はご自身が負担しなければなりません。


警察庁がまとめた日本での交通事故件数と事故で亡くなった人の統計は、
●平成25年9月中だけでも、50,270件。1日あたり1,676件
そのうち、死亡事故の件数は、358件。1日あたり11.9件
死者数は366人。平均すると、毎日11.2人が亡くなっていることになります。



平成25年の1月から9月までのトータルでみても、ほぼ、近い数字になっていて、平均して1日あたり11.3人の尊い命が奪われています


その死亡事故で償わなければならない賠償額は多い場合は数億円になっているケースもあり、自賠責だけの3,000万円ではまったく足りません。仮に1億円の賠償を裁判所から命じられたら、残りの7,000万円はどうやって支払うのでしょうか?


ここで必要となってくるのが、ご自身の意思で申し込みができ、そして自由にプランを組み立てる事ができる『意任保険』が登場するわけです。


任意保険も、以前と比べるとかなり進化し、かつてはディーラーや街の自動車屋さんで加入する『代理店型』から現在はインターネット上にある保険会社のホームページから申し込みをする『ダイレクト型』が主流となりつつあります。


ダイレクト型に人気があるのは、保険料の安さに加えて、従来からの代理店型にもひけを取らない補償とサービスを兼ね備えていることに他なりません。


たとえば、代理店型に加入中で年間保険料を約80,000万円支払っていた方が、それまでと同一の補償内容でダイレクト型に乗り換えたら保険料が3分の一近くまで下がったという例も数多くあります。


保険料が安いから補償やサービス、事故対応が悪いのでは、と思っている人もまだ少なくないようですが、決してそんなことはありません。また同じダイレクト型でも大手損保と中小の損保での補償やサービス、対応が劣るのかといった事もほとんどないと言えます。


逆に中小の損保の方が細かな独自の特約などを持っているところもありますので、ご自身のクルマの使用用途や目的に応じて細かく設定できるケースが増えています。

特に現在の任意保険は『リスク細分型自動車保険』と言われ、契約する自動車の種類、車種・運転する人の年齢や性別、運転歴、事故歴、免許証の色など、様々な細かな条件を設定することで、保険料を格段に安くできることも可能です。

















posted by hokenminaosi at 20:29 | Comment(0) | 自動車保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。