2013年11月24日

友人の車を借りていて事故を起してしまった

友人の車を借りての事故で保険金は支払われるのか?


知人から車を借りて事故を起してしまった場合、知人の車の保険を使わないで事故の補償をしたいと考えられる方も多いでしょう。ご自身が所有している車に契約している任意保険があれば、その保険を使う事ができる場合があります。


友人や知人の間でも車の貸し借りはあまりしない方が良いです。万が一の事故の時に大変ややこしくなる可能性が高いですし、親しい関係であっても事故の賠償問題では必ず金銭問題が伴いますので、話しがこじれてしまうと、友人や知人との関係が悪化しないとも限りません。


そうは言っても、やむを得ず知人などから車を借りて万が一事故を起してしまった時の賠償問題については、借りる側のあなたが任意の自動車保険に加入していれば、自動的に付帯される「他車運転危険特約」という特約で通常の場合は保険金が支払われます。


ただし、これは「対人賠償保険」と「対物賠償保険」に限られますので、借りた車そのものに損害を与えてしまった場合は、また別のケースになりますので、かなりの注意が必要となります。


借りる側のあなたが契約している任意の自動車保険に車両保険が掛けられていることがまずは第一条件です。
それと同時に、車両保険にも「一般タイプ」というすべての車両損害に対応できる車両保険である必要があります。



もし、あなたが契約中の任意保険についている車両保険が「車対車+A」といったエコノミータイプの車両保険でしたら、この場合は、借りた車の損害に対する車両保険金はいっさい支払われなません。


さらに、この場合は、借りている車に掛けている任意保険の会社の補償内容にによっても対応できるかどうかが違ってきますので、どうしても借りなければならない時は、自分の車に「一般タイプの車両保険」が掛けてあることと同時に借りる車に掛けてある任意保険の会社で借りた車に対する補償内容も事前に確認しておかなければなりません。

posted by hokenminaosi at 11:38 | Comment(0) | 自動車保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。