2013年11月28日

子供が自転車で歩行者に衝突してケガをさせた

子供が自転車に乗っている時に歩いている人にぶつかり大けがをさせてしまった。
こんな時に、自動車保険で対応できるのだろうか?


ご家庭で自転車を持たれているお宅も多いかと思いますが、自転車に乗っている時に他人にケガをさせてしまったり、他人の家の物を壊してしまったりした時には、基本的には自動車保険ではいっさい補償がされません。


まず自賠責保険ですが、これはクルマを運転中の被害者の人身についての損害賠償が対象となりますし、任意保険についても基本的には対象外です。ただし、上記のような他人の体や財産に損害を与えてしまった時に補償される保険として、「個人賠償責任保険」がありますが、これが任意保険に自動的に付加されていれば補償されることになります。


ですが、私が現在加入中のSBI損保では上記のような「個人賠償責任保険」は付加されていませんし、また特約としても付加することもできませんでした(苦笑)ただ、自転車に乗っていた場合に限り、その補償を特約として付けられるようです。


ですが、他の保険会社では、自動車保険に付加されている者もあり、中には示談交渉サービスまでついていたりする優れものもありますので、ご自身のライフプランにあった保険会社を選ぶようにされると良いでしょう。


私の場合、別の損害保険会社の中で傷害保険に加入していますので、その傷害保険には「個人賠償責任保険」が自動的に付加されていますので、こういった個別に障害保険などに自動的に付加されている賠償保険から補償がされることになります。


一般的に、この保険は単独で販売されている事がなく、何らかの損害保険に付加されている場合がほとんどです。
その補償内容は、「他人に対して法律上の損害賠償責任を負った時に補償される」というものです。
保険金額などはその保険により無制限・1億円・5千万円・3千万円といったように高額な補償もありますので必要に応じて選ぶことができるようです。



posted by hokenminaosi at 11:54 | Comment(0) | 自動車保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。