2013年12月14日

カーシェアリングの利用価値とは

近年、若い人たちの車離れが深刻な状況になり、それに伴い、同然、自動車保険にも加入する人が減っている事に加え、高齢者の事故が増えているという現状があります。

そのため保険会社としても保険料を上げざるを得ない状況にあり、やむを得ず保険料値上げの方向が進んでいるようです。

こんな中で、車を所有しないでレンタカー利用者やカーシェアリングをする人たちも増えているようですが、このカーシェアリングとはどのようなものか?について少し調べてみました。

カーシェアリングとは、個人で車を所有しないで、必要な時に車を利用するための会員制度という位置づけられており、レンタカーとは違って、事前に会員登録を行い、車を利用したいと思った時に、インターネット上から申し込みをすることで車を利用することが可能になるサービスです。

料金としては入会金と月額料金に加え、借りている時間による時間制の料金で、自動車保険にも自分で加入する必要がなく、さらに車検や税金、定期点検費用、ガソリン代にいたるまで、その利用料金に含まれています。

こういったカーシェアリングを利用することで、車の購入金額に加え車検や税金と自動車保険まで個別に支払う必要がない事から、このサービスを利用することで、車に対する費用を削減できるという狙いもあります。


一例をあげると、コインパーキング事業を行うタイムズでは、ガソリン代も含めて15分で200円から、といったサービスを行っているようですし、こういったサービスが今は、ずいぶんと増えており、タイムズでもどんどん全国展開を行っていくようです。

タイムズでは、PCからのネット予約はもちろん、最近ではスマートフォンアプリまで開発されており、スマホから自由に予約ができるシステムもできています。

ご家庭の中での車に掛かる費用を抑えたいという方にとっては、車を所有しないで、カーシェアリングを利用するという選択肢もあるかもしれませんね。

posted by hokenminaosi at 16:51 | Comment(0) | 自動車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。