2013年12月15日

自動車保険の見直しポイントは?

自動車保険、どうやって見直すと良いのか?

自動車保険にずっと入っているけど、このまま見直しをしないで毎年同じ内容で更新しても良いのだろうか?

乗っていた車を新しく乗り換える時などはもちろん保険も見直しをするけど、それ以外だと毎年同じ補償内容のまま、或いは保険会社などから勧められるままに更新している人が大変多いことを知らされます。

もちろん、契約している保険が十分納得のいく補償内容に設定しており、家族環境や車の使用目的などがずっと変わらないのであればそれでも大丈夫でしょうが、それでも自動車保険は年々各社ともいろいろと特約が新しく発売されたり常に改善されているので、年に一度の更新の際には、ちょっとご自分の保険を再確認してみる事をお勧めします。

そうは言っても保険会社の数も多くまた保険の種類もたくさんあるので、一体どこの会社でどんな保険に入っていればもっとも安心なのか?迷ってしまう方も少なくないでしょう。

以前は、どこの保険会社で申し込んでも、ほとんど同じ補償内容で保険料もほぼ変わらなかったのですが、保険制度が自由化されて以来、各社とも様々な特徴のある特約を発売したり、また同様の補償内容でも保険料が会社によって大きく違ってくるようになりました。

ただ、自由化されたとはいえ、自動車保険の基本保証は変わっていないので、それさえまずしっかりと押さえていれば、他の特約などは、車の用途や走行距離など、ご自身のカーライフに合った補償内容に組み立てると良いでしょう。

最初にしっかりと押さえておくべき基本保証とは他人に対する保険として「対人賠償保険」と「対物賠償保険」。さらにご自身のための保険として「人身傷害補償保険」と「搭乗者傷害保険」です。

この4つの保険についてはできるだけ手厚くし、最高額の補償にしておきましょう。できれば(無制限)がもっともおすすめです。2億円や3億円といった限定補償額とそれほど保険料の差がないので、無制限にしておきます。

これに加え、ご自分の車を補償する「車両保険」は必要に応じて加入することにし、また保険料負担として少し余裕があるのでしたら「弁護士費用補償特約」もつけておくと、より安心です。交通事故の相手はあらかじめ選ぶことができないので、どんな相手と事故を遭遇してしまうかわかりません。

そのために役立つのが、「弁護士費用補償特約」なので、これも検討する価値は十分あります。

上記のような流れで、あとはどの保険会社で申し込むのか、そして保険料をできるだけ安くするのか?
また、事故対応の手厚さやサポートはどうなのか?といった事を吟味して保険会社を選ぶようにします。

今では、ほとんどの保険会社で「ロードサービス」が付けられているので、ロードサービスのサービス内容にコダワル場合は、そのサービスによって保険会社を選ぶという方法もあるでしょう。

言葉で書くと少々ややこしく思えるかもしれませんが、慣れてしまえば意外と簡単ですので、数十社ある保険会社の中から、ネット上で一括見積もりを依頼してみるのも1つの方法ではないでしょうか。

保険スクエアbang!/自動車保険





posted by hokenminaosi at 13:18 | Comment(0) | 自動車保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。