2013年12月16日

任意保険に未加入の車に事故られたら?

自賠責も切れ、任意保険にも未加入の危険な車が堂々と走っています。

任意の自動車保険の加入率は都道府県で多少異なりますが、全国平均で70%台前後とも言われています。ですので、それ以外の人(車)は自賠責保険しか入っていないことになります。

となれば、事故を起した時、または事故に遭わされた時、約30%の確率で任意保険に未加入の人と事故をする可能性がある事になる。

この時、相手が加害者であれば、自賠責保険の範囲でしか補償を受けることができません。そうなると、死亡事故や、大けがを負わされた時、必ずと言っていいほど賠償金額が不足します。これはどうやって自分を守っていればいいのか考えてしまいますよね。

交通事故が日々絶えない日本なのに、任意保険に入っていない人たちがまだこんなにいる。任意保険の加入率を100%にする事はそもそも無理なのです。交通事故を完全にゼロにするのが無理なのと同じで、どんなに毎日多くの人が死傷する事故が起きている事がニュースなどで報道されているのに、自分の事と捉えていない人がいるからこそではないでしょうか?

となれば、自分の身は自分で守るしか方法がありません。このために必要な保険とは・・・?
「人身傷害補償保険」これは対人賠償保険ではなく、保険契約をしている人、運転者とその家族が車を運転中だけでなく、自転車に乗っている時や歩行中の交通事故も対象となります。

そして、この保険の補償内容は本来なら加害者から損害賠償を受けるべき金額相当額「対人賠償・慰謝料・休業補償、など」を自分が掛けている保険会社から受け取ることができる保険です。

加害相手の車に任意保険が掛けられていないだけでなく、自賠責保険すら切れていた、と言った場合もご自身の「人身傷害補償保険」が役立ってくれることになります。

ですので、できれば保険金額は最高の額にしておくことが望ましいし、保険会社によって最高額の補償金額が事なり、無制限にできない場合は、その最高金額をぜひ付けておくようにしたいですね。





posted by hokenminaosi at 13:11 | Comment(0) | 自動車保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。