2014年01月28日

車に乗っていない時の事故はどうなる?

車に乗っていない時の事故はどうなる?

自分自身やその家族、例えばお子さんなどが道路を横断中などに交通事故に遭ってしまったら、自分が加入している任意の自動車保険では補償の対象となるのかどうか?

強制保険の自賠責保険も任意で加入する自動車保険も、本来は交通事故を起こした相手被害者への補償を行う事が本来の目的です。

ですので、仮に車を運転中の事故であっても自分がケガをした場合、相手の車に保険が掛けられていれば事故での過失割合に応じて補償を受ける事が可能です。

ところが、相手が全くの無保険状態「自賠責保険も切れていて、任意保険も未加入」といった場合、これは最悪な状況になる可能性があり、ケガした人の損という事にもなりかねません。

こういったご自身がケガをした場合や自動車を運転中以外の交通事故であっても、その被害を補填してもらう事を考えるなら、契約中の任意の自動車保険に「人身障害補償保険」または「人身障害補償特約」が付加されている必要があります。

この保険もしくは特約があることで、万一相手側からの補償が得られない場合に、ご自身が掛けているこの人身障害補償保険から実際にケガで治療した費用や入院・通院に掛かった医療費とケガに対する精神的な償いとしての慰謝料をも補償されることになっています。

補償範囲は広く保険を契約している契約者本人だけでなく、同居のご家族も同じように補償されます。

そして、もっとも心強い点について少しご紹介しますが、本来自動車保険の請求が行えるようになるまでには、事故相手との交渉を経てご自身の過失度合いなどを相手との交渉の中で決める必要があり、この交渉が進まなければ補償を受ける金額され決める事ができません。

ましてや、相手に100%過失がある場合などは、契約中の保険会社は交渉の場にでてくれませんので、ご自身が直接相手との交渉をしなくてはならないいといった状況にもなりかねません。

こういった場合でも、上記でご説明している「人身障害補償保険or特約」が付加されていれば、事故相手との交渉を待つまでもなくご自身のその「人身障害補償保険or特約」から実際に掛かった医療費や慰謝料が支払われます。

こんなにも優れものの保険ですので、毎年くる任意保険の更新時期はもちろん、現在掛けている自動車保険には人身障害補償保険が付加されているのかをチェックしておくと良いでしょう。

posted by hokenminaosi at 13:52 | Comment(0) | 自動車保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。