2014年02月09日

保険金が支払われない場合

損害保険会社の保険金の不払い問題

損害保険会社のミスや顧客への対応の悪さで本来支払うべき保険金があるのにも関わらず支払われないというケースがいくつかの損害保険会社で起こっています。

最近のニュースでは、東京海上が2003年6月より前に契約した任意の自動車保険で本来受け取るべき保険金の一部が受け取られていないという件数が約10万件程度あることが判明したと発表されていました。

こういったニュースには常にアンテナを張って自動車保険の契約者はそういった情報を把握しておくことが望ましいのですが、本来保険というものは、契約者側から請求をして初めて支払わるという性格があるため、請求権があってもそのことを知らない契約者は請求事態と起こすことをしないので、不払いとなってしまうケースが起こり得ることが十分にあり得るわけです。

今回の東京海上の保険金不払いのニュースでも問題となっていたのが、契約者への対応姿勢が芳しくないという記事もあちこちで見かけています。

もちろん、今回は東京海上について問題は発生しているわけですが、あくまで氷山の一角ととらえるべきで、その他の損保も多かれ少なかれ、顧客対応に対しては問題を抱えていることも考えられます。

東京海上といえば大手の損害保険会社として名が通っていますが、大手だから安心だという保証は何もありません。政府の監督官庁は金融庁となっていますが、すべてのあらゆる契約者のすべての保険金支払いに関して記入帳が監督できているかは疑問も残るところでありますし、保険会社も金融庁も、その政策を行うのはすべてその人となりが行っているわけで、

人にはミスが必ず付きものということを考えれば、100%間違いのないことを行っていく事は非常に難しいことですし、やはり本当の意味での監督を行うものは契約者一人ひとりがその保険会社と保険内容をしっかりと把握して置くことに加え、

保険事故が起きた際に、何が請求できるのか?という事についても、しっておく必要があるといえるでしょう。保険会社の担当者にすべてを任せてしまうのではなく、疑問点などがあればどしどし質問をぶつけて正当な権利を主張することが大切ではないでしょうか。
posted by hokenminaosi at 15:49 | Comment(0) | 自動車保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。