2014年02月26日

自動車保険の値上げにどう対処するのか?

自動車保険の値上げについて各損害保険会社の動向がほぼ決まった。

昨年2013年に保険料の値上げを実施したばかりなのだが、今回2014年4月からの消費税アップにからめて再値上げが実施されることが決まった。

2013年での値上げは自動車保険の保険料制度そのものが変更になったことで値上げになりましたが、今回値上げされる事で2年連続で値上げされるという過去に例を見ない形での連続値上げとなります。

ところが、内容を精査してみると、大手の損保ジャパンをはじめ、日本興亜損保、あいおいニッセイ同和損保などが2014年7月から10月にかけて自動車保険の保険料を値上げをすることが分かりました。

大手損保が値上げすることで、それ以外の中小の損保も追随するものと思われ、気になるその値上げ率については、消費税が5%〜8%になることに対して保険料は約1%程度が見込まれているようです。

消費税が3%も上がるのに保険料が1%に抑えられた事は、保険会社の社内の経費削減が功を奏していることと言われています。

消費者にとって毎年支払う自動車保険の保険料が値上げになる事は家計にも負担が掛かる事から今回の値上げはある意味、保険会社の努力で値下げされるとも考える事ができるでしょう。

但し、今後将来的には保険料の再度見直しされることも十分に考えられるので、大手損保の動きには注意をしていきたいものです。

まず、昨年2013年に保険料システムが改訂された事で、大きく変わった事は、従来のノンフリート制度では事故を起こして保険を使用すれば、次の年から等級がそれまでより3等級ダウンしますたが、それから3年間無事故を続ければ、また以前の等級に戻れていたものが、

昨年の改訂により、ただ3等級ダウンするだけでなく、事故あり係数というものが加算され、事故を起こしていない同じ等級の人よりも、割引率が低く、結果的に保険料が割高となります。さらにその事故あり係数も3年間継続され、今までのノンフリート制度に比べ、事故を起こした人の保険料負担が増える結果となっています。

ご自身のカーライフに合った役立つ内容の補償をいかにうまく選択するのか!これも今後のユーザーにとっての必要な課題となりそうです。

この問題について、詳しい自動車保険についての内容が紹介されている自動車保険通販を比較しましたというサイトがありますので、お時間がある時に一度立ち寄って読んでみられると参考になるはずです。

保険会社も利益を追求しなくてはならない営利企業であることは当然の事な訳で、事故を起こさないで保険金を請求しない顧客が優遇され、逆に事故を起こし保険を使った顧客が優遇されないという流れが一段と明確化された制度変更になっています。

こと、自動車保険は万が一事故を起こした時に役立つものですが、いったん事故を起こすと顧客としての立場も不利になる事が鮮明になったわけです。

また車両保険を掛けている人も少なくないですが、車を保険で修理した金額が50万円を超える事はかなりまれで、50万円を超える修理費用はほぼ全損の場合と考えられ、それ以下の修理費用の場合は、来年度からの保険料アップと絡めて、次年度から実質負担する保険料を計算すると、

車両保険を使うべきかどうかを一度加入している保険会社に見積もりとシュミレーションを取ってもらってから、車両保険を使用して修理するのかについて、検討することも必要になると言われています。
posted by hokenminaosi at 21:06 | Comment(0) | 自動車保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。