2014年03月04日

自動車保険の見積もり比較をしたら

自動車保険の見直しの時期が近づくとどうしていますか。

3月、4月は自動車の買い替え時になっているケースが多く、理由としては、新社会人になった人が車を新たに購入するといった事も来ているのはないかと考えられます。

これに合わせるように自動車保険の更新時期も比較的3月、4月が多くなりがちなのも当然のことだといえるでしょう。

そういう私もそうです。家にある普通乗用車の2台ともこの3月〜4月に満期を迎えるためにそろそろ準備をしているところです。

現在はSBI損保に加入して数年になりますが、毎年の見積もりをしても、どうしてもこちらになってしまうのはなぜなんだろうって考えてしまいます。

かなり以前は東京海上の代理店から申込みを行っていましたが、かれこれ10年以上前からインターネット通販で自動車保険を選ぶようになりました。

それから私自身の事故も、そして家族の事故も数回経験していますが、事故対応もしっかりと対応してくれているので、何ら不満もなく毎年、通販での申し込みを続けています。

ひどい時には、加害者である相手から逆に訴えられたケースもありましたが、その時に弁護士費用特約に加入していましたので、実際に裁判まで行い結果として勝訴することができました。

この時には本当にありがたい保険だなぁ〜と実感できたことをはっきりと覚えています。自動車保険に限らず、保険はイザという時に本当に役立つものではければ意味がありませんので、ご自身が求めるしっかりとした補償内容にしておくべきでしょう。

もちろん、同じ通販型の保険会社でもそれぞれ特徴があり、強い部分やそうでもない部分もあるかと思いますので、一概に私と同じSBI損保だけをお勧めするわけにもいかないのですね。

信頼のあるといわれるソニー損保も興味がありましたし、大人の自動車保険でコマーシャルしているセゾン自動車火災保険も関心がありましたが、実際に見積もり結果を見てみると、

基本的な補償である人身と対物に加え、車両保険も加味しながら、さらにはファミリーバイク補償特約や弁護士費用特約といった特約も同一にしてみて、

ほとんど差ない内容となっています。違いといえば、ロードサービスでのけん引距離や宿泊サービスの有無などでした。特にSBIのロードサービスは充実しています。

インターネットでの申込み割引を利用しての結果はというと、私の場合どうしてもSBI損保になりそうです。
たた、好みもあると思いますので、私個人の意見は参考にされればと思います。

具体的には、比較見積もりが数社まとめてできるところを活用されるのがもっとも手早くてカシコイ選び方ではないかと私は感じます。




posted by hokenminaosi at 12:39 | Comment(0) | 自動車保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。