2014年03月24日

交通事故の過失割合について

クルマ社会の中で生きていくうえで車は大きな存在であり、仮に車に全く乗らない人であっても
歩行者や自転車しか乗らないような人であっても、道路を利用する以上、車は無視できない存在です。

歩行者や自転車などの交通弱者と呼ばれる人たちは加害者になる可能性は低くても、被害者になってしまう
可能性は多分にありますので、自動車の交通と、自動車事故に関しては少なからず関心を持っておいていただきたいですし、一定の交通ルールと交通事故のときの対応などについての知識は必要ではないでしょうか。

さて今回は、車同士の交通事故が起きた時の、双方の過失割合はどうやって決まるのかについて検討してみたいと思います。

今回は、信号機のある交差点で、青信号と赤信号での過失割合を取り上げたいと思います。
説明するまでもなく、青信号側の車にまったくルール違反や過失違反などがなければ
当然のことながら、赤信号側の車が100%過失という事になります。これを基本にしています。

今回、問題となるのは、青信号だから何でもやっていいというものではなく、その時の道路事情などケースバイケースによって変わってくるものですが、仮に、青信号側の車に明らかな著しい過失があった場合を検討してみます。

例えば、時速40キロ制限のところ80キロなどといった猛スピードで交差点に進入した場合などは、
そのスピードや違反などの状態によって、10%〜20%程度の過失が問われることになり、
青信号を無視して進入してきた車の過失が100%にならないケースがあります。

つまり、赤信号を無視して来た車と衝突した青信号の車が大破して、その車の修理費用が仮に100万円だったとして、青信号で渡ろうとした車に過失20%が適用されると。。。

青信号側の車の修理費用の100万円に対して、100万円×0.2=20万円が青信号側の車の修理費用を自己負担するか、ご自身が加入している車両保険で支払わなくてはならないことになります。

交通ルールの中で、信号無視は大変重いものですが、すべてのケースで青信号で渡ろうとした側が必ずしも100%悪くなることばかりではないことを覚えておきましょう。




posted by hokenminaosi at 12:40 | Comment(0) | 交通事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。