2014年04月01日

自動車保険は予期しない事故への備え

誰しも交通事故は起こしたい人はいないはず
ですが、予期しないことから起きてしまうのが交通事故でもあるのです。

警察庁が平成26年2月にまとめた統計では、2月中に起きた事故発生件数は4万2千件あまりで、1日に平均で1,500件あまりの事故が発生していることになります。

そのうち、2月中の死亡事故件数は301件。これも1日平均では、23件。
死亡者数に至っては、同じく2月中で307人、延べにして毎日11人の貴重な命が奪われていることになります。

年間を通じて統計を見てみると、下記の図の様に、年の初めよりも年の終わりに掛けて次第に増加していっていたことがお分かり頂けるでしょう。

jiko-tokei.JPG

また、同様に2月中の年齢別事故死亡者数を見てみると、下記の円グラフのように65歳以上の高齢者が圧倒的に多く全体の半数以上を占めていることがわかります。

近年の自動車保険の値上げ傾向が続いている原因の一つと言われているのが、若年例の人の車離れという事に加え、今回の統計グラフでもわかるように高齢者の事故の多発が大きな要因となっている事を示しているといえます。

nenreibetu-tokei.JPG

人は誰しも年齢を重ね、高齢者の仲間入りをすることになります。今は若いから自分には関係ないという気持ちを持たれている方も多いかもしれませんが、決して他人事と考えずに、将来は自分にとっての問題だと考え、高齢者の交通事故防止のために今から心の準備をしていく事も大切ではないでしょうか。


posted by hokenminaosi at 19:22 | Comment(0) | 自動車保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。