2014年04月26日

自動車保険の基礎知識

これから自動車保険に新しく加入しようと思っている方も多いと思います。

もちろん、今まで加入していた方も、1年に一度の見直し時期に来た際に、何をポイントに見直しをすれば良いのかと思われている方も多いと思います。

今回は、自動車保険に関する基本的な事柄を知って頂く為に、自動車保険の基礎知識編として、ご紹介したいと思います。

ディーラーなどで車を購入すると時に、一緒に強制的に加入しなければならない自賠責保険だけで、これで十分ではないか?と思われている方も少なからずいらっしゃるようです。都道府県別の全国の統計データが公開されているのでご紹介します。
任意保険勧誘率(都道府県別).png

各区県別の加入率については上記の表をご覧頂くとお分かりだと思いますが、全国平均で約70%程度に停まっています。逆から見ると、約30%の人が任意保険に未加入だということです。

さらに内容を深く見ていくと、対人賠償・対物賠償の加入率は約70%ですが、搭乗者保険・人身傷害保険では約45%の加入率で、また車両保険に至っては、もう少し低い約42%に停まっています。

恐らくですが、自賠責保険だけで、任意保険は必要はないと考えている人の中に、自賠責で十分な補償が得られると勘違いしている人もいます。これは、全くの無知で、自賠責保険では相手へのケガの補償が最高で120万円まで、死亡させた場合でも3000万円が限度額となっています。

自動車保険の基礎知識.png

交通死亡事故の裁判で実際に億という賠償金の支払い命令が出た判例も少なくありません。特に医者や士業と言われる仕事に従事している人の場合は、遺失利益と言われる金額が莫大な金額になる傾向があります。

遺失利益とは、その人が、亡くならないで、その後も仕事で得たであろうとされる1生涯の収入の事になり、一般のサラリーマンなどでエリート高給取りなどの方も、その可能性が高いです。

任意保険の価値は、上記でご説明した、自賠責保険で不足する対人・対物賠償を補填することが大きな目的で、これに加え、事故を起こした当事者のケガや搭乗者のケガや死亡した場合など、ご自身や家族を守る目的の保険。

これに加え、交通事故だけでなく、一部の自然災害を除き、多くの自然災害などの場合にも補償される車両保険の必要性は、ますます高くなってきています。




posted by hokenminaosi at 16:38 | Comment(0) | 自動車保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。