2014年05月03日

ガソリン価格、大型連休を理由に更に値上げ!

ゴールデンウィーク、更なるガソリン価格の高騰!?

ご存じのようにウクライナ情勢が悪化していることで石油価格が高騰を続けています。これに加え4月からの消費税の増税で全国的にガソリン価格の値上がりが続いている状況です。

せっかくのゴールデンウィーク、連休を利用して、遠出したい人も多いでしょうし、本来ならマイカーを利用する方が便利で荷物も積めるので、公共交通機関と比較しても車での利用は例年多かったのですが…。

ところが、今年は約5年半年ぶりのガソリン高価格と言われているようです。また昨年4月の価格に比べ、10円ほど値上がりしているところもあります。

gas.jpg

ガソリン高騰の理由は、先に上げたウクライナ情勢と消費税アップだけではなさそう!
大型連休ともなれば、こぞって多くの人たちが遠出しようとするのが人の心理。この心理を逆にとってただでさえ高騰しているガソリンの値段を上げているという事実もあるそうです。

つい先だって、消費税増税前に駆け込み需要が見込めるという事で、大型家電などの消費が増えることを見越して、一部の家電量販店なども、通常の価格帯よりも一定の割増し価格に変更していたというニュースを見た方も多いのではないでしょうか。

これと同じように、消費が上がると予測される際に、これに合わせて価格を上げる業者は決して少なくないでのす。

ちょっとうがった見方をすると汚いやり方だ!と批判してしまそうですが、商売とはそういうものと理解していた方が良いかもしれません。

者が売れるときは、少しくらい値段が高くても人はその商品を購入します。逆に者が売れなくなったら、販売店などの業者は価格を下げてきます。

これが、需要と供給のバランスで成り立っている市場原理というものなので、仕方のないものでしょう。


では、問題のガソリンの価格はどういう形で決まるのか?石油情報センターというところで調べることで、これがわかります。

現在の小売価格のうち、約42%は原油価格・原油を精製する費用が約8%・精製工場などからタンクローリー等で運びガソリンスタンドの店頭に出すまでの費用(流通費用)が、約8%・あとの残りの約42%が、なんと税金だという事です。

これを知っている人は、本当にガソリンを買うのがバカらしくなってくる人も多いと思います。そういう私も事実そうなのです。

車離れ、特にガソリン、軽油を使って走行する車は、これからますます人気が無くなってくるかもしれません。逆にハイブリット車、電気自動車などの開発がさらに進化していく事は容易に想像できますよね。


posted by hokenminaosi at 21:04 | Comment(0) | ガソリン価格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。