2013年07月02日

利用に適したタイヤを履いていますか。

車のタイヤって、意外とバカにできないものなんです。

今、住んでいる地域や季節、また走行する場所によって
タイヤの性能が生きてきたり、逆に無駄になっていたりとかも
ありますので、基本的なタイヤの性能を知っておくと便利です。

タイヤの性能を知って、ご自分のカーライフをより快適で安全なものに
していきましょう。

決して値段だけで決めたり、デザインが良いからとか、そんな単純な
気持ちで愛車のタイヤを決めないでほしいです。

普通は、新車購入時に最初からついてきているタイヤと同じタイプのものを
選ぶのであれば、ほとんど問題はないのですが、
タイヤを交換しようと思った時に、以下のことを知っておくと意外と役に立つはずです。


タイヤの種類  乗り心地  静寂性  耐久性  運動性能  燃費  価格帯
スポーツラジアル  1     1    1     3   1    高価
ノーマルラジアル  2     2    2     2   2    普通
高級車向け     3     3    2     2   2   かなり高価
エコタイヤ     2     2    3     1   3    普通
スタッドレス    3     1    1     1   1    高価
貨物用タイヤ    1     1    3     1   2    安い

【職人!?カーライフ.com】さんより抜粋

上記の表でも分かるように1つ1つのタイヤの性能や価格が大きく変わった来ます。
できれば新車購入の際についていたタイヤと同等のタイヤを選ぶことが無難なのですが、
ご自分の愛車のこれからの使い道や用途に応じて上記の表を参考に選んで見られては如何でしょうか。

タイヤは車を走らせる単なる車輪と考えずに乗り心地や耐久性耐摩耗性も大きく変わってきますので、
用途にマッチさせた適正なタイヤ選びをして頂ければと思います。
タグ:自動車
posted by hokenminaosi at 16:45 | Comment(0) | 自動車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年06月30日

愛車 メンテナンスしてますか?

日常点検って、本来はその日車両を初めて乗る際に自分で点検を行うように
道路交通法で義務付けられているのですが、果たしてどの程度の方が実施して
いるのかは疑問なところです。

かくいう私も、ほとんど日常点検を行っていません(恥)
仕業点検とも言いますが、今は車の性能が良くなっているため
よほどのことがない限り、異常があることは稀ではないかと思います。

ただ、万が一の事があっても慌てなくても済むように日ごろから少しでも
自分の車を触って慣れておいた方が良いのではないでしょうか。

とりわけ、必要最低限の知識をオサライしておきますと。
外観からの点検項目としては、
・タイヤの空気圧は正常か?溝の深さや亀裂はないか?
・エンジンオイルなどの漏れがないかどうか?
・ボンネットを開けて、ざっと見回しブレーキオイルは適量か?
・ファンベルトなどの緩みや傷などはないか?
・冷却水は既定の量が入っているか?
・バッテリーの外観上で液量やターミナル(電極)に異常は見られないか?
と、この程度は見ておきたいものです。

また室内に入って
・エンジンはスムーズに掛かるか? 異音などはないか?
・エンジンを掛けたときの計器類はいつも通りに動いているか?
・フットブレーキペダルを踏んでみて、踏みしろに余裕はあるか?
・駐車ブレーキも適正に効いているか?
・前照灯・バックライトやウィンカーなど、ランプ類は正常か?

最低、以上のことくらいは仕業点検として日常的に行いたいですね。
これを日ごろからやっておくと、愛車の異常に早く気が付けるはずですから。
私も今までつい億劫になってサボっていたのですが、今日から早速
愛車のため、そして自分の為に実施していきたいと思います。


posted by hokenminaosi at 12:03 | Comment(0) | 自動車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。