2013年09月03日

ダイレクト自動車保険9社 マーケット拡大

自動車保険といえば、かつては自動車のディーラーなどの代理店を通して
加入する方法が当たり前の時代だったころから比較して、消費者のニーズが多様化し
幅広い種類の保険ニーズや特約も必要となりさらに開発が進んでいる。

保険料品をさらに洗練したものへと見直し、補償はもちろん特約の充実も
さらに必要とされているのが現状です。


かつて代理店型の損保が販売していた自動車保険に比べ現在の自動車保険は
非常に多様化しており、幅広いユーザーを受け止めるための商品開発が盛んです。


高齢者の事故率の上昇傾向に加え、
若年層の人たちの車離れが進み、


損害保険会社の保険料収入が低下している中、かつての代理店型の損保では
代理店への手数料もバカにならず、インターネットを使ったダイレクト損保が
軒並み売り上げを向上させています。


ならび、保険料の割安感を独自に演出したり、さらに新たな商品開発も行われ
今やダイレクト損保は代理店型を超える伸びを示していると言えますし、
業界は今や改革の時代を迎えていると言っても過言ではないでしょう。


現状に甘んじずに消費者のニーズに応えながら、より優れた保険商品の開発と
さらなる保険料の低価格化を目指していってもらいたいものです。

posted by hokenminaosi at 20:29 | Comment(0) | ネット自動車保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年08月28日

ネット自動車保険の価値

ネット専用の自動車保険が今や主流となりつつあるなか、
従来からの代理店型の損保も負けてはいられないと必死です。

代理店型は、保険の手数料を代理店に支払う必要があるために
どうしても保険料率を高く設定しています。

そういった保険料が安いというだけで、
ここまでネット自動車保険の普及が進みました。

もともと損害保険の分野は代理店を通しての契約がほとんどで、
直接保険会社へ出向いても、代理店を紹介されて加入するというパターンでした。


長年のこうした歴史の後が今でもまだ残っているところもあり、
車を購入したディーラーから、一緒に自動車保険を勧められ
そのまま加入されているという契約方法も、
絶対数は少ないですが、まだまだ存在しています。


代理店型をずっと通してきたユーザーでも保険料の差を知ると
はやり、ネット自動車保険に切り替えていく人が多いのも当然です。

テレビ・新聞・雑誌などのメディアでも頻繁に広告を知ることも多く
今まで代理店型に固執していた人たちも次第にネット自動車保険にシフトしていってます。


そんな中で従来の代理店形式で運営してきた損保も生き残るために
保険料をネット自動車保険との横並びにした子会社を設立してきています。


その代表的な会社がイーデザイン損保。ここは東京海上日動のグループ会社として
まったく別名で、ネット専用での窓口を開いています。

ですので、従来の代理店型損保がネット自動車保険に参入していることで
さらに各社の保険料競争だけでなく、補償内容の充実度やサービス全般に対して
競争が激しさを増しています。

これは、加入するユーザーにとっては大変ありがたい事です。
選択肢が増えていき、さらに補償も充実し、保険料も安くなると
これほど、ありがたいことはないです。

ですが、特定のどの損保に加入しようかと迷ってしまいがちです。
ネット自動車保険プロでさえ、毎年新しくなる保険商品が出て
また特約の幅の変更など、その違いが分からなくなるほどです。

そこで、ぜひ利用したいのが、複数の損保から自分のカーライフに合った
保険会社とその保険商品を選べ、実際の保険料の比較を入念にできる、
比較見積もりのできる公式サイトを活用していくことで、

複雑化している自動車保険の内容を的確につかむことができ、
もっとも安くて、ニーズにピッタリの自動車保険を選ぶことができます。



posted by hokenminaosi at 11:34 | Comment(0) | ネット自動車保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。