2014年01月20日

自動車保険の年払いと月払いはどっち得する?

自動車保険に限らず、生命保険や単独で販売されている傷害保険などもそうですが、毎月づつ支払いをしていくよりも年間一括で支払う方がその時に支払う保険料の負担だけをいうともちろん少なくて済みます。

分割払いをすることで、本来一括払いの金額よりも率が悪くなるのはもうあたりまえの事実です。
ですが、こと自動車保険の保険料に関してもまったく同様の仕組みをとっています。
ただし、今掛けている保険そのものを、今後どのようにするのかによっても、変わってきます。

1年間の保険期間内は同じ車を所有していくのであれば、年間一括払いがもっとも安いのですが、車を途中で乗り換えることも考えている場合も、たとえ保険期間内であっても、車両変更手続きをすることで、保険料の差額などが発生することはあっても、年間の割安保険料は適用されることになります。

ただし、車を保険契約の途中で手放した後、新たに乗り換える予定もなく、当分の間、車を所有しないというのであれば、一概には言えません。

本来、1年間分をまとめて一括で支払う保険料を、毎月支払うという場合、年間支払い保険料の1/12を1.05倍したものが毎月の保険料となります。

仮に保険契約してから半年した後に解約する場合、毎月払いの場合はそれ以降の保険料は当然ですが、支払う必要はありません。

ところが、年間一括で支払った保険料の場合、保険契約から半年後に解約すると、戻ってくる未経過分の保険料は「短期率」という計算方法が用いられ30%しか払い戻されません。

この場合、明らかに毎月支払っていた時の方が断然お得なわけです。前もって保険契約期間中に車を手放す予定が分かっているのであれば、月払いの契約をしておく方が良いです。

ただし、損害保険会社によっては、月払い制度をとっていないところもありますので、その場合は月払いができる会社を選びなおす必要があります。

posted by hokenminaosi at 13:19 | Comment(0) | 支払い保険料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。