2014年01月08日

自動車保険で地震や津波では補償される?

任意の自動車保険(車両保険)は自然災害には対応していないのか?

自動車保険に加入していれば、地震や津波などで保険に加入している車に被害が及んでも、保険で補償される?と思っている人もいるのではないでしょうか?

勘違いされやすい部分でもありますが、この逆を考えて頂くと理解しやすいと思います。
この逆とは?
つまり、地震や津波以外の自然災害はほどんど保険でカバーされるという事です。
●台風により飛来してきた物が車に当たって破損した。
●高潮、洪水などで車が浸水して使えなくなった。
●竜巻で車が被害に遭った。

などなどです。

ただし、任意保険の中に車両保険に加入している場合に限りますので、車両保険に未加入の場合は残念ながら補償を受けることができません。

また、車両保険にも「一般タイプ」と「エコノミー+A」などと言った限定的な車両保険もありますが、多くの保険会社では、そのいずれの車両保険に加入していても保険金が支払われることになっているようです。
詳しくは契約中の保険会社に確認してみてください。

なぜ、このように地震や津波以外での自然災害が補償の対象となっているのに、地震や津波だけが補償されないのか?

これについては、いろんな見解がありますが、地震や津波での被害は広域に被害は広がる事と、その被害も大変な甚大なものになることから、保険が使えるとなると、保険会社が破たんしてしまう事も考えられるからだと考えられます。

ただ、現在の任意保険制度は「リスク細分型保険」とも言われる事から、リスクを細かく分けてそのリスクに対して補償をするような仕組みが取られているので、保険会社によっては、地震や津波に対する「特約」といった商品が販売されているところも出てきても不思議ではありません。

保険商品も時代と共に常に変わってきています。同じ会社の任意保険でも毎年何らかの変更や新しい商品や特約などが開発されていることが多いです。

一旦加入した任意の自動車保険。ずっと毎年同じように更新したり、保険会社が提示してくる内容通りに契約するのではなく、ご自身のカーライフやライフプランの変更に応じて自動車保険も毎年必ず見直しをすることがとても大切ですし望ましいです。



posted by hokenminaosi at 15:32 | Comment(0) | 自動車保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年12月27日

車両料率クラスで保険料に差が出る!

自動車保険の保険料を決定する要素の1つとして「車両料率クラス」というものがあります。

車に対するリスクを細分化することで、公平な保険料を決定しようとする考え方で導入されているものです。
具体的には、車両料率クラス1から9までのランク付けがあり、

・対人賠償保険に対する料率クラス1〜9
・対物賠償保険に対する料率クラス1〜9
・搭乗者傷害保険、人身傷害保険に対する料率クラス1〜9
・車両保険に対する料率クラス1〜9


ご存知だと思いますが、自動車保険を契約する契約者としてのリスクを決定する目的で、そのドライバーの年齢や運転免許の色、性別、家族の有無などについて個人個人の保険料が決められます。そして今まで自動車保険に加入している方であれば前年度までの事故歴などに基づいて、次年度の保険料率が決定されてます。


これに加えて、契約する際の自動車の種類、年式、型式などにより、車1台1台の車両料率クラスが分けられています。

この車両料率クラスはどうやって決定しているのかというと、その車種の車両価格や、その車種が過去にどれくらい事故に遭っていて、また事故で修理にかかった費用はどのくらいなのか?といったあらゆる項目が加味されて、その車1台1台に対して料率クラスが定められます。

この料率クラスが一度決められるとずっと同じではなく、1年に1度見直しされ更新されていきます。
車両料率クラスが上がれば自動車保険料率も上がり、逆に車両料率クラスが低ければ自動車保険料が低くなるという仕組みが取られています。

車両料率クラスの傾向としては、ファミリーカーや小型車などは一般的に車両料率クラスが低く、逆に高級車や高給外車などは比較的車両料率クラスが高くなっています。


posted by hokenminaosi at 13:18 | Comment(0) | 自動車保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年12月25日

ソニー損保の大きな人気の秘密を探ってみた

ソニー損保の人気の秘密を探ってみた

自動車保険オリコンランキングの中でもあらゆる項目についてのランキング順位が好評されれいますが、その項目としては、

・保険料・安さに対する満足度
・申込み手続きに関する満足度
・自動車保険会社の評判・信頼度
・ロードサービスに関する満足度
・事故時、コールセンター対応の満足度
・保険金の支払いスピードへの満足度
・保険のプラン・種類に対する満足度
・事故処理などの対応満足度


上記の8つの項目について、そのうちの7項目が1位を独占していることが分かりました。

・保険料・安さに対する満足度         74.15P
・申込み手続きに関する満足度     1位  77.11P
・自動車保険会社の評判・信頼度    2位  80.04P
・ロードサービスに関する満足度    1位  77.66P
・事故時、コールセンター対応の満足度 1位  79.42P
・保険金の支払いスピードへの満足度  1位  77.72P
・保険のプラン・種類に対する満足度  1位  75.75P
・事故処理などの対応満足度      1位  76.85P


では、なぜこのように5つのすべての項目で最も高い評価を得られているのか詳細を探ってみました。

今回も、1万8,000人以上のドライバーが加入するユーザーからの実際の評価という事で、検討材料としても真実味があり、現実性がある内容だと考えられます。

前回は保険料や、料金に関してのもっとも評価の高いSBI損保をご紹介しましたが、何と驚くことにソニー損保だけは全ての項目でほぼパーフェクトな非常に高い評価をユーザーから得ています。

ご存知のようにソニー損保は、その母体であるソニーグループの中の1団体である「ソニーフィナンシャルホールディングス株式会社」が全額出資して作られた損害保険会社です。

ソニーフィナンシャルホールディングス(株)の中のクループ企業の1社で、ソニー生命、ソニー銀行、ソニー・ライフ・エイゴン生命とならぶ金融企業の1角を担っています。

元々は、エレクトロニクス企業のソニー、SONY(株)と、どう違うのかとい疑問も持たれている方もいるかと思いますが、ソニーグループ自体が非常に強大な組織を持っており、その中に6つのネットワークカンパニーと3つのビジネスグループ、そしてソニーエリクソンなど11ユニットと言われる大きな団体の中の1つとしてソニーフィナンシャルグループの存在があり、ちょっと複雑な組織体系をとってはいるものの国内で大変強大な組織体であることは間違いないです。

お話しがソニー損保の人気の根拠に戻りますが、ソニー損保のバックにある大きな資本力の元で、保険料だけでなく、サービス面などあらゆる面においても群を抜いた事業体であることがうなずけます。

ソニー損保の単体としても、資本金も400億と大きなものですし、損害保険としての業務を支えるための人材確保と並び社員教育にも非常に力を入れている事は、知る人ぞ知る有名な事実です。

前回の記事では、SBI損保の高い評価をご紹介しましたが、SBI損保に一旦加入したものの、さらなるサービスやサポートを希望される方でしたら、ソニー損保を1つの選択肢に入れられて見ても良いのではないでしょうか。

自動車保険比較見積もり
posted by hokenminaosi at 15:02 | Comment(0) | 自動車保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。